2044498F-1896-4BF4-BBC3-9FAD0AF0E9EE 8BF8A6F1-995E-41BC-9C12-31222D00C72C

北九州市小倉北区重住3丁目で犬のしつけ教室を経営されている「ワンライフ」様で、ペットの滑り対策に有効な「愛犬の床」を施工しました。

こちらのコーティング作業を担当した栄福さんが、施工後の様子を確認してくれました。

オーナー様より、「施工後はワンちゃん達も滑りません。北九州で愛犬の床を見たいお客様が居たら、うちをショールームとして使ていいですよ!」と嬉しいお言葉をいただきました。

こちらのワンライフ様は、毎日たくさんのワンちゃんが出入りしています。

そこで認められた「愛犬の床」コーティング。

ペットの滑り対策を考えている方には、ぜひ「愛犬の床」をお薦めしたいです。

実物をご覧になりたい方は、ワンライフ様にお立ち寄りください。

ワンライフ  http://www.wanlife.info/

北九州市小倉北区重住3丁目7-1 電話:093-923-5500

B0A60234-9D95-49E3-B001-475712764F55C653EA61-87C0-4A9C-9E80-FB26EE54BAF8

リフォーム工事の最後にUVコーティングで仕上げた現場です。

壁紙、お風呂、キッチン、洗面台、トイレ、そしてフローリング・・・・。

大掛かりな改修工事で、新品のようなお家に生まれ変わりました。

 

私たちエコテックは床のコーティングが専門です。

築20数年の状況から、ピカピカの新品のように生まれ変わったお客様宅。

その最後に仕上げを行うのが役目です。

 

これで、

新築のような輝きが長続きします。

ワックスがけも要りません。

お掃除が楽になります。

滑りにくい床になります。

 

リフォーム工事のごく一部の仕事に過ぎませんが、お客様に喜んでいただけたら何よりです。

 

9C3A42C4-946B-4AC3-97D8-6947B0CC6E9F

こちらはUVコーティングの手直し作業中です。紫外線硬化なので作業も2時間かかりませんでした。

テープで囲ったところにはダイニングテーブルと椅子がありましたが、砂による摩耗で艶が落ちたためUVコーティングの手直しを行いました。

UVコーティングは摩耗に強いですが、砂粒・砂ホコリによる床へのダメージを代わりに受け止めるため、いずれ摩耗して艶が落ちてきます。

できれば生活摩耗にも負けずに長持ちしてくれたらいいのですが、現実は厳しいですね。

これはコーティングしなくても同じことなのですが、床を永く使うためには、「ちゃんとお掃除すること」・「砂・砂ほこりを持ち込まない工夫をすること」が大切になります。

その他、下記に床を永く使うための注意点を書きますが、特に椅子の脚裏対策を重要ですよ。

ぜひ実行してみてください。

① 椅子の脚裏は必ずフェルトシールを貼るか、靴下をはかせてください。(定期的に掃除と交換)

お子様用の椅子は、意外に重くて脚裏素材も硬めにできていますので、テーブル下に何か敷くといいですね。

② スリッパの裏も掃除してください。

③ 重いものを引きずらない。

IMG_0932 IMG_0947

エコテックのUVコーティングは、乾燥時間が短い特徴があります。

お住まい中のコーティング施工が可能です。

朝から作業を開始して、夕方には歩くことができるので、お客様への負担を最小限にすることができます。

もちろん作業中は部屋の出入りができませんので、外出していただくか、お部屋にこもってもらうことになります。

古いワックスを綺麗に剥離してUVコーティングを施工すると、このように床が若返ります。

築1年から30年超まで施工実績があります。

床の事でお悩みの方は、ぜひエコテックまでお電話ください。

IMG_4376IMG_4388

施工したかどうか解りにくい半艶のUVコーティングですが、床の色が濃くなると少し解りますね。

無垢や挽板フローリングを採用される方の多くは、床の艶を好みません。

でも、何がしかのコーティングをして、「滑りにくい床にしたい」・「汚れに強い床にしたい」・「いい床だから長持ちさせたい」とお考えの方も多いのが実情です。

今まで床に艶を出したくないお客様は、お断りせざるをえませんでした。

しかし、この半艶・UVコーティングが登場してからは、無垢・挽板フローリングのお客様にも、自信を持ってお薦めすることができるようになりました。

これくらいの艶感ならば、無垢・挽板フローリングの質感を崩さないのではないかと思っております。

48C4BC16-52C2-4800-9C2C-2657FAB21D64789DB37A-C277-457F-8DA9-B3491BB67AAD

人気の半艶UVコーティング施工ですが、初めて見る監督さんには驚かれることがあります。

「あの~、今日コーティング工事のはずだけど・・・」と、心配になった現場監督さんから電話が来ることもしばしばありました。

左の施工前と右の施工後で比較しても、床の艶に微妙な差しかありません。

これが濃い色の床だともう少し解りやすいのですが、薄い色のフローリングでは本当に施工前後の見分けが難しいですね。

私個人的には、もう少し艶があってもいいのではないか?と思いますが、艶を好まないお客様にとってはこれくらいが理想的なようです。

91E28709-A2EA-4805-8BDB-D84E3CA19A5A2B4DBE5C-48D8-43E4-86D3-A9D6F4BB8AE1

左は傷補修前、右が補修+コーティング後です。

よく見ると補修跡が解りますが、だいぶ目立たなくなりました。

床の傷にもいろいろありますが、写真のような線傷は本当に直すのが難しく、専門のリペア業者さんが居るくらいです。

私たちエコテックのコーティングスタッフは、床の傷補修を勉強しています。

全ての傷を直すことはできませんが、気になる個所はできるだけ直すように心掛けています。

新築現場の中には私たちの傷補修サービスの仕上がりにご納得いただけないケースもあり、そのような場合は後日床の張替&再コーティング施工になりますが、お住まい中の場合は大変喜んでもらっています。

日々勉強ですが、傷補修は本当に奥が深いですね。

image

UVコーティングはフロアコーティングだから床にしかできない。

そう思われることがほとんどですが、テーブルやキッチンカウンター等にも施工することができます。

ご依頼はそれほど多くありませんが、階段の笠木やテーブルの天板など、平面であれば施工はできます。

変わったところでは階段の蹴込板もあります。(私はあまりお勧めしませんが)

UVコーティングは、ワックスと比べて「傷付きにくい」・「滑りにくい」・「染みにならない」・「いろんな洗剤が使える」などのメリットがあります。

床以外でも気になる個所はご相談ください。

IMG_1338IMG_1365

保育園の新UV施工の続きです。

左が施工前、右が施工後。

写真では説明しづらいですが、今までの施工と比較すると倍の厚みになります。

作業工程を省いて倍の仕上がり。

これは画期的なことです。

さらに滑り止めの効く「防滑タイプ(土足用・素足用)」もあるそうです。

これから保育園・幼稚園だけでなく、介護施設や工場など幅広い床でニーズがありそうです。

IMG_1353 IMG_1357

九州で初の無溶剤UVコーティング施工を行いました。

今回のUVコーティング施工は最新のUV塗料を使用。

エコテック本社の有岡さん・谷上さんに、はるばる横浜から雲仙小浜温泉まで技術指導に来ていただきました。

普通は塗料を塗ってからしばらくしてUV照射を行いますが、今回の施工は塗りながらUV照射していきます。

溶剤が入っていないので待ち時間が無いのですね。

その他の特徴として、塗膜を厚くできるため工程も減らしながらも厚い仕上がりになります。

見ている私にとっては臭いも少なく有り難い施工ですが、塗りとUV照射の作業がずっと連続するため、作業の皆さんは昼ごはんのタイミングを見計らうのが大変でした。

UVコーティングのパイオニアである株式会社エコテックには、まだまだ秘密の塗料があるようです。

今後の展開が楽しみです。