j1j2

「こんなに広かったのね~」

UVコーティング施工の前には家具移動をしますが、その広々とした室内を見て皆さんこうおっしゃいます。

長年の生活で物が増えて狭く感じているご家庭が多いのでしょうね。しみじみと室内を見渡すお客様。きっと新築当時の事を思い出しておられるのでしょう。はたまた、この際とばかりに不用品を処分される方もおられますが、エコテックでは不用品回収は行っておりませんのでお申し付けはご容赦ください(笑)

UVコーティングした室内に、施工前と同じ家具を同じ場所に戻すのですが、やはり違う室内に感じます。「見違えるように綺麗になった」、「まるで床を張り替えたみたいだ」、「新築の時を思い出す」など、喜びの声をたくさんいただきます。マイホームのリフレッシュは、先ず床からお薦めします。

 

g1 g2

エコテックでは10年ほど前から、お住まい中のコーティング施工に力を入れてきました。

当初は家具移動やワックスの剥離作業、さらには床の傷み問題で大変な思いをしましたが、次第に施工ノウハウが蓄積されて、九州だけでも年間200件近い「お住まい中コーティング施工」を行うまでになりました。

新築と違い、家具移動・ワックス剥離作業・補修作業・家具戻し作業の手間がかかります。そのため採算が合わない現場も出てきます。しかし、お客様の喜びと作業の達成感は新築現場以上にあります。

今後もお住まい中のコーティング施工は増える傾向にあると思います。さらなる満足を目指して努力してまいります。

i1i2

築年数の浅い物件では、ワックスも薄く床の傷みも少ないため、家具さえ少なければ楽な気持ちで作業に入れます。楽といっても、冷蔵庫やソファ・TV・テーブルなどの移動がありますから、決して楽な作業ではありません。でも、「私たちが通常の作業をすれば確実に綺麗になる」と解っているので、少し心に余裕が出るのです。

今回の現場は築5年ほど。「ワックスがけが面倒で・・・。」という理由でUVコーティング施工となりました。最初は毎年ワックスがけをしても、年々ワックスがけを忘れてしまい、気が付くと綺麗に見えない床になっているというご家庭も多いですよね。

UVコーティングを施工した後は、ワックスがけは不要になります。さらに何かこぼしても染みになりません。いずれは摩耗して艶が落ちてきますが、綺麗な床が10年以上持続します。

ぜひ床が傷む前にご検討ください。

 

IMG_2416IMG_2421

このところ好調に受注をいただいている、半艶UVコーティング。

施工前後の差が解りにくいため、監督さんから確認電話が入ることもあります。

「エコテックさん、今日OO様邸のはずだけど、まだ終わってないよ! どうなってるの!!」

たしかに写真で見てもどちらが施工後なのか解りにくいですね、監督さんが間違えるのも無理はありません。

自然な仕上がりを希望するお客様には、本当にお薦めです。

IMG_4376IMG_4388

どちらがコーティング後か解るでしょうか?(答えは右、解りますよね)

エコテックのUVコーティングシリーズに、3番目に加わった「半艶UVコーティング」の仕上がりです。

見た目も足触りもサラサラと自然な感じで、インテリアの邪魔になりません。

しかし「傷も付き難い」・「染みない・溶けない」・「掃除が楽」と、UVコーティングの機能はバッチリ持っています。

ただ良くも悪くも滑り止め効果は低いので、コーティングしたら椅子が引きづらくなった!という苦情もまず起きないでしょう。

『新居の床を守るために何かしたいけど、ツヤツヤの床になるのは嫌だ!』という方にピッタリなコーティングです。

これから益々人気が出ることでしょう・

m1m2

さて、エコテックのUVコーティングにはいくつか種類がありますのでご紹介させていた抱きます。

1 艶あり(レギュラー)

2 愛犬の床(艶あり・グリップ力が更に高い・価格もちょっと高い)

3 半艶(艶がほとんどない・滑り止め効果は低い)

現在は、以上3つのラインナップでお客さへご案内しています。(本当は施設用のUV施工もあるのですが、一般的ではないため今回は省略)

今回の写真は、「半艶」のUVコーティングです。

左と右の写真で、あまり光沢の差が感じられないと思います。

色の濃い床ほど光沢は出ますので、この床色でこの光沢差ならば、ツヤ嫌いの方でも許容範囲ではなかと考えています。

基本的な性能(20年耐久・溶けない・染みない・掃除が楽)は同じで、唯一のデメリットは、グリップ力があまり無いというところです。

「何かコーティングはしたいけど艶が嫌だ」という方は、ぜひ半艶UVコーティングをご検討に加えてください。

h1h2

左が施工前、右がUVコーティング後です。

どうでしょう、まるで体育館や美術館などのように美しい仕上がりとなりました。

基本的に住宅の無垢・無塗装フローリングの場合には、UVオイルやガラスフィニッシュをお薦めしています。

でも今回は「床の汚れが目立たないようにしたい」、「ワックスがけをしたくない」というご要望があり、艶有りUVコーティングの重層仕上げとなりました。

このような仕上げは、保育園や幼稚園でよく行いますが、住宅ではたまにしかしないので新鮮な感覚でした。

普通なら水をこぼしただけで染みになりますが、UVコーティング後は何をこぼしても染みになりません。

油性マジックで落書きしても、シンナーや除光液で拭きとることができます。

本当にお掃除楽らくな床になりましたよ!

どうか末永くお使いください。

f1f2

こちらは、無垢のフローリングにUVコーティングを施工した写真です。

一般的に、無垢フローリングや挽板フローリングなど、木の質感を大事にする床には、コーティングは合わないと思っている方が多いですね。

実は私も木の素材感を大切にしているお宅には、ツヤツヤのコーティングをお薦めするのに抵抗がある一人です。

ただし、それには例外があります。

「滑りの改善が必要」な場合です。

エコテックのUVコーティングは、ツヤツヤの見た目と逆に「滑り止め効果」が高くなっています。

さらに『愛犬の床』は、もっと滑り止め効果が高いので、転倒が心配な方、ペットを飼われている方に最適です。

艶が無く高級感のある床は確かに素晴らしいですが、その代償として大切な家族やペットが転んで怪我をしたら、何のための家なのか?となりかねません。

このように床の滑りを改善する必要がある場合には、無垢の床であっても、ツヤツヤに仕上がる「UVコーティング・艶あり」と「愛犬の床」をお薦めしています。

c1c2

築20年以上になると、外壁塗装・クロスの貼替え・キッチンやお風呂など水周りの交換・床の貼替え・・・・、大きなリフォーム工事のタイミングですね。

ご家庭によっては数百万円から1千万円を超える工事になることもあるでしょう。

エコテックでもリフォーム工事の最後にUVコーティング施工を行うことが度々あります。

お客様の負担が増えるため、あまり積極的に提案できないのが実情ですが(営業マンが少ないので押しが弱い)、外壁・壁・水まわりが新品になったのに、床が輝いていないと何か物足りないと思うのは気のせいでしょうか?

せっかくマイホームが若返るのですから、UVコーティングで床も若返らせましょう!

UVコーティング後は、お掃除が楽になる、ワックスしなくても美しさが長く続く、床の耐久性もアップします!

リフォーム工事の金額に「少しプラスするだけ」で、大きな違いを感じられますよ。

 

 

 

a1a2a3

エコテックのUVコーティングは、新築現場だけでなく、すでにお住まい中の施工でも高く評価されています。

およそ10年前からお住まい中のコーティング施工に参入し、施工ノウハウを積み上げてきました。

家具移動、ワックス剥離作業、傷補修作業と、新築とは違う工程が入りますが、1日で仕上げるように組み立てます。

新築現場ではお客様が居ませんので遅くまで作業しても問題ありませんが、お住まい中の場合にはいろいろと制約があります。

例えば、

作業中はお部屋の出入りができません。

お部屋に居られても外に出ることも難しいため基本的には外出をお願いしています。

さらに施工後はコーティング剤の臭いが数日残ります。

・・・などなど。

お客様の負担を考えると基本的には1日施工が望ましいのですが、どうしても難しい場合には(家具の移動先が無い・ワックスを取るのに時間がかかる)2日間に分けることもあります。

お住まい中のコーティング施工は、作業的にも精神的にも大変ですが、その分やりがいのある仕事でもあります。