IMG_0163IMG_0170IMG_0178

こちらは築20年以上経過した床です。日差しと雨で劣化した床塗装を研磨して着色塗装を行いました。最初にテストしたピースは濃くなってしまいましたが、最初の状態に比べると見た目も回復したと思います。

今回はエコテックで着色塗装まで行いましたが、その理由は着色塗装後にコーティングをするからです。専門の補修屋さんが行う着色塗装はとても綺麗に仕上がります。でもその上にコーティングを重ねると、着色塗装した床としていない床の両方ともに色が変わってしまい、せっかく合わせてもらった色では無くなってしまうのです。補修作業だけでコーティングが無い場合は良いのですが、今回のように「着色塗装」+「コーティング」の場合は、コーティング後の色に合わせた塗装が必要になってきます。通常の補修よりも一段と難しいため、まだまだ勉強が必要な分野ですが、今後も研鑽していきたいと思います。