IMG_2136 IMG_2141

写真左のテープ個所に小さな傷が有ります。傷のリペア後に上からUVコーティングを塗り重ねて終了です。1時間弱で作業終了し、すぐに歩ける状態になりました。UVコーティングのいいところは、こういった補修が簡単なところですね。

これが光沢が低い場合や薄塗りタイプのコーティングの場合には大変な作業になることがあります。リペア後にコーティングを重ね塗りすることでその部分だけ厚みが倍近くになって艶が上がってしまうからです。特に薄塗りのコーティングでは補修した個所だけがピカピカになってしまいます。

でもUVコーティングはもともと厚みもあり光沢が高いため、部分補修しても光沢差が気になりません。こういうメンテナンス部分のメリットも20年耐久を構成する一つの要素になっています。