image (2) image (1)

こちらは旭化成ホームズ様の現場です。左は施工前、右はUVコーティング後の写真です。床の輝きが全然違いますね。お部屋も明るく感じます。UVコーティングは紫外線を当てて固める特殊な塗装です。朝から夕方までの作業でこのように仕上がります。

エコテックのUVコーティングは、「滑りにくい・掃除が楽になる・床が長持ちする」という素晴らしい特性を持っています。新築だけではなくお住まい中でも施工しております。「このごろ床が綺麗に見えないな」と、お悩みの方は是非お問い合わせください。

image (2) image (4)

こちらは山口県下関市の現場から送られてきた写真です。今回は階段が無垢の無塗装。しかも古い段板を大工さんが研磨してくれた後にペット専用のUVコーティング【愛犬の床】を施工しています。大工さんの腕も良かったと思いますが、施工にあたったエコテック九州、溝口親方の腕も大したものだと思います。

こうしてみると木の模様や色がキレイに引き出されて高級感を感じますね。もちろん見た目の良さが長く続くのもペット専用【愛犬の床】の特徴です。そして何より『滑りにくい!』から、階段にも安心して施工できます。

無垢の床、突板フローリング、シートフローリング、塩ビタイルなど、さまざまな床に施工できますので、滑りを解消したい方はエコテックまでご連絡ください。

IMG_2717IMG_1860

ご存じの方も多いと思いますが、セキスイハイム各展示場では、モデルハウスが格安で購入できるかもしれない【リユース抽選会】というイベントを案内しています。6千万円~1億円もするモデルハウスが1千万円くらいで買えてしまうという、もの凄いチャンスが年に4回もあります。私も業者として抽選会イベントに参加しましたが、どの会場も何百組と来場される人気でした。家を検討されている方はぜひセキスイハイムさんにお立ち寄りください。そして展示場のどこかに、写真のようにUVコーティングが施工してありますので、ついでに見ていただければ幸いです。

IMG_2697 IMG_2700

この写真は7年ほど前にシリコンコートを施工した現場です。(エコテックの施工ではありません。)ヒビ割れの回復を相談されたのですが、シリコンコートやガラスコートでヒビ割れを直すのは本当に大変な作業です。古いコーティング膜を除去するのに3日~5日ほどかかります。その過程で床を傷めてしまうこともありますので金額にかかわらず可能な限り避けたい仕事です。

さて「UVコーティングもヒビ割れする」と言われますが、実際にヒビ割れするケースは極稀なことです。極端に日当たりが良い場所で熱による床の伸縮がかなり大きい場合や、次亜塩素酸などの塩素系、強アルカリ薬品を長期間放置した場合などです。通常の生活ではまず起きることはありません。

IMG_2567 CIMG4717

お住まい中のコーティング施工で一番大変な作業は、ワックスをキレイに落とす作業です。築年数が浅ければ簡単なのですが、10年以上になると古いワックスが落ちにくくなります。さらに20年以上経過している場合には、厚塗りしたワックスが地層のようになり1日作業になることも珍しくありません。

UVコーティングをはじめとした床のコーティングは、下地がキレイでないと仕上がりが悪くなります。見た目にはワックスが落ちているようでも取りきれていないことも良くあります。エコテックでは写真のように膝を落として丁寧な下処理作業を行っています。

IMG_1805 IMG_1808

こちらは艶好きな方に大人気の、艶ありUVコーティングです。

前回の半艶UVコーティングと比較すると光沢が段違いです。窓の形や外の風景が床に写り込むほどの鏡面になっています。特に床の色が濃いと光沢が上がりますので、艶好きな方は濃い色の床をお選びください。白い床の場合は光沢があまり出ませんので、控えめな光沢が好きな方は白系の床を選ばれるといいでしょう。

艶有りUVコーティングのメリットは、何といっても見た目の良さでしょう。玄関を開けてパッと見た瞬間のインパクトは一番です。あまりお掃除してなくてもキレイに見えると喜ばれています。

image image (1)

半艶UVコーティングの艶感はサンプル板で見ると解りやすいのですが、この写真のように部屋全体に塗っていると、どちらが施工前かわかりにくいほど差が有りません。ちなみに右側の写真が施工後です。もちろんフローリングによって艶の出方も違いますが、色の濃い床も自然な艶感でいい感じですね。艶有りのUVコーティングとの違いは、グリップ力が無いことでしょうか。ペットが居る場合は半艶UVの施工をお薦めできないですね。

image (2)image (4)

じゃじゃん!これが半艶UVコーティングです。

「コーティングはしたいけど、あまり艶は出したくない。」そんな方向けのUVコーティング。私は普段から艶有りのコーティングしか説明しませんが、お客様の反応が悪い時に「実はこんなタイプもあって・・・」と紹介すると、興味のなかったお客様も関心を寄せてくれます。自然な艶感と足触りで若いご夫婦に評判が良いですよ。

CIMG4162CIMG4165

5月は多くのイベントに参加しましたが、「やっぱりコーティングするなら光沢があるほうがいい!」そんなお客様が増えてきました。昨年は艶のないコーティングを希望する人が多い印象でしたが、今年になってから接客するお客様は、艶が無いよりはあったほうがよいという方が多いです。少し嗜好変わってきたような気がします。

そういえばフローリングにも変化が有りますね、最近は朝日ウッドテックさんの挽き板フローリングの採用が増えています。その中でも特に品質の良い「ライブナチュラル・プレミアム」などは、とてもいい床なのでコーティングするのがもったいないくらいです。

IMG_3062DSC04425

土曜・日曜にセキスイハイム鳥栖工場で開催されたインテリアフェアに、UVコーティングのブースを出させていただきました。両日ともに大盛況で、お弁当を食べる時間もないほど多くのご来場者にUVコーティングの良さをお伝えすることができました。今回は見た目と違って滑りにくい床になる「愛犬の床」、そして艶の低い「半艶UVコーティング」が人気でしたね。

ちなみに右側の写真が半艶UVコーティングです。「コーティングはしたいけど艶が無い方がいいな。」というお客様向けに開発されました。サラサラとした足触りで本当にナチュラルな感じに仕上がります。