「床のことなら、エコテック」

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-2
フォンターナビル7F
TEL 0120-963-596
FAX 0120-963-509

床材適合研究所 | 株式会社エコテック

床材と塗料の適合性を研究する、唯一のコーティング会社です

フローリングはもちろん、あらゆる床材のサンプルを独自に入手することが可能で、
「その床材に適合する」塗料の調整および施工工程・技術の工夫を行なっております。

ラボにある床材のストック

弊社は自社内にフローリングをはじめとするあらゆる床材と、適合する塗料・施工技術を調整するための研究所を設ける、唯一のコーティング会社でもあります。床材は原則、一般の市場には出回らないため、通常のコーティング会社であれば、お客さまを介して等、直接に端切れを入手しない限り、事前にサンプルを入手することができません。しかし弊社は、関連企業およびフローリングメーカーさまとの提携により、国内に流通するほとんどすべてのフローリング材・床材を、必要に応じて入手することが可能で、この強みをさらに活かすべく、自社内に研究所を設置、日々あらゆる床材それぞれにもっとも相性の良い塗料および施工技術の追求を行なっております。

「クロスカット法」はじめ、厳密な基準で床材と塗料の適合性を確認しています

適合性の確認イメージ

JIS規格の定める「クロスカット法」をはじめ、さまざまな方法で特定の床材に適する塗料と技術を確認、より精度の高い適合を求め続けています。床材と塗料の「どれほど強固にくっついているか」を、密着性と呼びますが、この密着性はコーティングの発揮する保護性能を大きく上下するもので、たとえば密着が弱ければ、どれほど高性能なコーティング膜も、すぐ剥がれてしまって使い物になりません。ほかにも、傷に対する強さや耐熱性・耐薬品性など、あらゆるダメージから床を確実に、長く守れるかどうかを多角的に厳しくチェック、より優れた塗料と施工技術の改良・開発に日々勤しんでおります。

メーカーと型番が同じでも、色が違うだけで、適合する塗料と技術が変わり得ます

篠田所長

所長・篠田

所長・篠田の言葉

一言で「フローリング」と言っても、非常に数多くのメーカーさまと、それぞれに出されている型・タイプがあります。一見すると同じように見えても、ひとつひとつ「相性の良い塗料・施工技術」は異なってくるもので、間違った塗料や、施工方法を採ってしまいますと、たとえ直後は美しく仕上がったように見えても、期待される保護性能を発揮できなかったり、早々と剥がれや白華などの不具合を起こしてしまいます。また、たとえ同じメーカー製の、まったく同じ型番であったとしても、ナチュラルウッド色は問題が無いが、ダークブラウン色は、この方法では不具合を起こす―といった、色の違いだけでも、適合する塗料と技術が異なってしまう、などということも、床と塗料・施工の関係ではしばし起こり得ます。また、床材と塗料の相性は、そのまま保護性能に直結し得るものでもあります。コーティングは永らく、その床材を守り続けるものですから、その相性が良いことに越したことはありません。適合するほどに、より高い保護性能を、より永く発揮しますから。弊社で私が適合を確認した床材は、フローリングに限っても今日、その数300以上に上りました。これからも日々、世にあるあらゆる床材との相性を、スタッフ一同、探り続けていきます。

お電話でのご相談・申込みは0120-963-596まで。 お問合せ・ご相談フォームはこちら