月別アーカイブ: 8月 2009

重そうなソファです

さすがにこんなに重そうなソファを引きずったらUVコーティングでも傷が入ってしまいます。UVフロアコーティングをご注文いただいたお客様にはよくご説明していますが、家具の脚の裏にはフェルトを貼って下さい。そうしないと数年後には床の傷み具合に差が出てきますよ。

こんな穴も開いてます。

まず新築ではあり得ませんが、中古住宅の場合にはこれくらいの傷が付いていることも良くあります。私達も傷補修作業を行いますが、床の色や傷の種類によってはかなり手間取るものもあります。これから中古住宅の現場も増えるでしょうからコーティングだけでなくもっと傷補修のスキルを学ばなければ行けませんね。

愛知県名古屋市のN様邸

写真は愛知県名古屋市千種区の現場です。どうやら手直ししているところですね。UVフロアコーティングは施工当日に補修作業までできるので、お客様にお渡しするときの品質が高くなるんですね。

毎日生活する部屋だから

昨日の写真のように寒々しい部屋から一転、UVコーティングした床はこんなに暖かい色合いになりました。家具が入っていることもありますが、コーティングした床は生き生きとした躍動感が感じられますね。ずっと住むのですから居心地の良い空間にしたいですね!

ツヤがないとこんなに味気ない部屋に

自然な感じを大切にするといってもやはり限度があります。これでは余りにも寒々しいです。こんな味気ない部屋に居たら元気が出なくなりそうですね。やはり毎日過ごすお部屋は少しでも居心地の良い方がいいですよね。

宮城県仙台市の現場から

仙台市泉区の現場です。厚みのある光沢、床にシャンデリアが写り込むほどキレイに仕上がってますね。施工はエコテック東北の松野チームでした。本当に素晴らしい施工です、これならお客様も大喜びでしょう。

みずみずしい床

これだけ床が輝いていると家の中全てがピカピカでゴージャスなイメージを持ってしまいますね。でもコーティング前はパサパサと乾燥した感じの床だったんですよ。UVコーティングをしたらこんなにみずみずしくなりました。

階段

この構図のように2階から降りてくる時がUVコーティングして良かったと思える瞬間ではないでしょうか?でも階段までコーティングしていないとリビングとの光沢差があり過ぎて階段が狭く感じられたり暗く感じたりします。フロアコーティングされるときは階段もお忘れなく

ノンワックス床

ツヤのない床もUVフロアコーティングすることでこのようにピカピカになります。最近はノンワックスでツヤノ低い物が増えたので、ピカピカ好きの方には満足できないみたいですね。写真はUVコーティング後の点検を終えたところでしょうか。キレイに見えますがここから補修作業が始まります。

マンション現場はルールが厳しいです

大阪市此花区の現場です。新築マンションの施工では床以外の壁や建具などに汚れや傷を付けないように細心の注意が払われます。例えば玄関ドアに傷が付かないようにシートをかけたり、腰袋を下げている職人さんは入室できないほどです。こういったルールを守れる業者しか仕事をもらえないのです。

株式会社エコテック 住所 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-2 フォンターナビル7F
営業時間 9:00~18:00(年中無休) お問合せ TEL 0120-963-596  FAX 0120-963-509

Copyright ECOTEC Co , LTD All rights reserved.