月別アーカイブ: 7月 2011

7b1eccd4.jpg定例会議のあとのVISTA会議・・・地域統括のメンバーや若手NS委員会のメンバー、社内のメンバーがたまに加わります‥そんな時に皆が一様に驚くのは「下川原さんてあんなに仕事やってたんですね・・」ということです。3月11日以降各人が
このように個別に取りかかっていることをオープンにし、いつまでにどのように行なうかを決め、その結果を追跡します~すなわち追い込み会議という名前がついていたのはそういった訳なんです。ある日の下川原の取りかかっている業務だけをあげてみました・・・こういったものが参加者7人分有りそれぞれ毎週その進捗を追い込まれます~なんかけしてある部分が多くてすみません・・・いろいろあるので・・・星山崇行

448e3dce.jpgここのところ施工もののアップが多かったので、今日は日常のエコテッカー(?)達の様子をアップします。今年の私の52歳の誕生日の様子です・・・ここ数年の定例行事のようになってしまいましたが、本来はこういったことはあまり得意な方ではないんです・・・私の立場でのこのような会は、各メンバーに「面倒くさいけど、いかないと何だから・・」となって負担をかけてしまうことが気になってしまうからです・・ですから幹事のメンバーにも無理に声はかけて欲しくない気持ちがある一方で・・・・しかしかといってあまりあつまらなすぎでも・・・となったりもします~だからなんとなく消極的になってしまいまうのです。しかしこのように集まってくれたメンバー達の笑顔の写真を後から見返してみると、イイ思い出の一コマとなります。感謝してバンバン仕事を積み上げます(笑)星山崇行

c65f80cd.jpgここのところ連載した(株)エコテックのコーティング納品基準(総合施工品質基準)・・・ほんの一部しかご案内できていませんが、一部をご理解していただくことで、それ以外の多くの部分に対して我々(株)エコテックグループの施工班が日々どのような気持ちでお客様の大切なお住まいに対し作業しているかをご理解いただけたことでしょう~この積み重ねがエコプロコートにおける圧倒的な(量、内容共に)”お客様の声”に表われています。我々正直ミスを犯すこと(エコプロコート苦情)もございます・・・しかしそれを言い訳して逃げたり、ミスを隠ぺいすることに対しては、とても厳しい処置を行なってきました、ミスそのものよりもその後の正直な対応にこだわってきたのです・・・その結果ここにきて補修率も一気に激減してきました‥その成果は一気にあらわれたのですが、ここ数年の我々の取り組みと各施工班の努力によって成し得た成果だと考えます・・・継続は力なり~この現状を更に積み上げていく努力をお約束いたします・・・エコテックのUVコーティング価格・・・高いのでしょうか?星山崇行

7be4d2d4.jpg施工終了後、時間をかけて丁寧にご説明することで、お客様は更に安心し、お手入れ方法などもしっかり理解していただけるので、アフターのクレーム率はほとんど無くなります。この時間をどのように使うかで、結果は大きく変わるのです・・・とても大切なポイントです‥星山崇行

0a246dd0.jpg3月11日震災後の需給の低迷の反動がここにきて出てきました‥7月は、通常閑散期であるのに今月末は、オーダーストップも数日出るようです・・・3月4月みたいです~しかしこれは、あくまで”反動”と認識し、緊張感をもって3月からすすめてきたことを、ゆるめずに実行していきましょう~写真は、施工終了後全てのお部屋を屈んでチェックをし、自分がお客様の立場に立って~これは気になる~という部分全てを補修致します。お客様満足が最優先なので、予定の時間に終わらないことも結構ありますが、その納品に対する姿勢に驚かれることも多いのです。思えば、この補修技術が確立出来て、全国に広めよう~と決心したのです。それまでは補修が何倍も大変な作業でした‥星山崇行

00caaf07.jpg自走式フロアライト・・・昨年から使い勝手をもっと良くしようと軽量化に努め自前で調達できるようになりました~いろいろ問題はありますが、30%位は軽量化が出来、作業性能はぐっとはかどるようになりました。通常流通しているものではなく特殊な機械なのでそれぞれのパーツを集めるのも大変です・・・家庭の事情で沖縄に帰った我如古を引き継いで現在は大内さんが担当しています。ここのところ機械屋の親父みたいになっている大内さんですが、一段落したらもっともっと仕事を積み上げて楽をさせちゃだめだぞ~と上長の阿部直司には言い始めました‥(笑)☆

17649689.jpg昨晩、エコプロコート小澤さん{20数年前(新日本通商時代)に一緒にやっていた徳永(女房は一昨年末入社)が、うちにカムバックするとき自分だけお世話になるわけにはいけない???と言っていた・それまで一緒に仕事をしていた先輩}の歓迎会をしました‥小澤さん半年以上いますがなかなか良い感じです‥歓迎会でもはじめの挨拶をしたあとは、ほとんど聞き役に回り徳永夫婦や下川原、私らの過去の笑い話を穏やかな笑顔で微笑んで聞いていました。数年に一回の彼らとの昔話は、私の脳みそを若返らせてくれます・・・全く覚えてないことを「あの時こんなこと言われた~」本人は覚えているもんですね~徳永妻が徳永旦那とつきあい始めの頃、携帯もなかったので会社に勇気を持って電話したら「徳永?~出張で樺太に行ってるけど・・・」と笑いながら言われたそうです・・まったく記憶にありません・・・そんな話ばかりになっちゃってエコプロの歓迎会とはちょこっとずれちゃいましたが、楽しい時間を共有出来ました。松下忍推薦の三ツ沢の纜(ともづな)焼鳥屋さんでしたがビックリするくらいヤキトリと野菜が美味しかったです。写真は、カウンターUV‥階段同様とても手がかかるのですが、目線に近い分感動は更に大きくなります~熱にも強く何をこぼしてもさっと一拭き・・・価格の何倍もの値打ちがあります。星山崇行

fd2e231b.jpgほこり混入率3%以内を最低基準とするために、下処理が終わった後何度も塵や埃を除去する作業を行ないます。なぜ何度もするかというと作業終了後、その時空気中に舞っていたチリやホコリがしばらくして、きれいに清掃した床にまた落ちるのでそれを除去するためです~きれいに仕上がったUVコーティングの床に細かなチリやホコリのブツブツは、無い方がお客様は感動します。掃除機は、キャスターで床にダメージを与えないようにこのように手に持って使用します‥これもエコテックスタンダードのひとつです‥星山崇行

f2fdc2d6.jpgいざ作業に入ろうとして、引き渡しワックスを剥離すると意外と細かな傷があるものです。いちいちお客様に報告し、お客様を不愉快(怒りはハウスメーカーに行きます)にさせてしまうよりは、出来るものは進んで直してしまいましょう~ということでやってきた結果、我々施工班の補修道具の種類とそのレベルは比例してあがってきました。しかし各々の施工技術で直しきれないものや大きなものはお客様にすぐに連役をいたします・・・その際ワックスなどで隠してあってお客様の認識が全くない場合も多いので、デジカメでしっかり現場の状況は抑えておきます‥デジカメも普段何となく使っているものですが便利なツールです。星山崇行

7cb47ee4.jpg(株)エコテックの施工班は、下処理にモップを使いません~なぜなら、こうして膝を折って目線を落とすことで細かな傷や補修痕、ワックスなどの剥離残しを発見できるからです。コーティングは、下処理が命です・・・どんなに優れたトップコートを塗っても下処理をしっかり完璧に行なわないと、そのトップコートの優れた特徴が活かされないのです。同様に下処理の際、作業を早めるために一気に水を使用することもしません‥細かく細かく何回にも分けて丁寧に水を少量ずつ使っていきます‥余分な水分が床に残っていると、密着不良や白華などの不具合の原因にもなります‥これらの作業はお客様からは残念ながら見ることはできませんね~だから我々は、”お客様の声”として多くの施工実績(2000件以上のリアルな声を写真付で)を面倒でもあげているのです‥それは、お客様が大切にしているお住まいに関わる選択で失敗して欲しくないと考えるからです。良い評価を頂いた実績の数には、理由があるのです‥単純にコーティングの種類の問題ではなく、作業をするメンバーの気持ちが仕上がりに出てしまうのです‥星山崇行

エコテック社長ブログ
オフィシャルサイト

床のことならエコテック

ペットプローリングは

エコテック動画