月別アーカイブ: 11月 2009

8b5ec39a.jpg民主党官房機密費問題・・・・野党の時には、オープンにすべきだと法案提出までして、いざ政権与党になったら・・・・???ここを攻められていますね~こんな時には言われる前にサッと素直に謝ってしまうことだと私は思うのです。「与党の立場になってみて、官房機密費を表に出す(公表する)ことで国益を失うこともあると理解しました、立場が変わって考えも変わることもあると理解したのです、すみませんでした。ただし我々は、国益第一で考え、これ以外のことにつきましては・・・↑」非があればサッと素直に謝り、次にすすむ(当然前向きに)・・・それのほうが相手の攻撃が弱まる(非を認めている相手に対して、同じことを何度も攻めることに対する抵抗感)という心理を利用すべきなのです。本来ならばこのような話は、政権交代してすぐ「・・・こういうこともあるかもしれませんが、我々は、国民のために・・・どうか長い目で見て判断をして下さい」とやれば(石を打っておけば)よかったのです・・・なんて又々無責任に思ったりしている今日、この頃です。   私事で恐縮しますが、18歳になった娘の進路が決まりました。青山学院大学、国際政治経済学部です。我が家では妻が教育熱心だったため、私はバランスを取る意味から素知らぬ風を昔から装ってきましたが、うれしいものでした。写真は、2年くらい前のものです・・・ちなみに私の横にいる息子は現在、私の身長を軽~く超えちゃっていますが、いまだに私には、一切逆らわない(母親にはたまに抵抗しています・・)男であります。星山崇行

a726dfd8.jpgプライベートでの1コマです。おそらく去年の今頃なのでしょう~伊藤大輔と谷上が大きなパフェに挑んでいる様子をながめているとても寒がりな・・・高野(ユニクロのヒートテック・・・どうなんでしょう?気の毒なくらい、いつも寒がっています)です。社内では今、この春にスタートした社内業務改善のプロジェクトの見直しに取りかかっています。その第一弾として3月に採った社内現状アンケートを基に、改善されたか否かを問うものです。ある考えや、思いつきで良いと思われるものをスタートさせても、その後一定期間をおいて振り返って確認作業の上改善を繰り返しながら先に進まないと完成度の高いものにはなりません・・・・その意味においては、今回振り返って現状を冷静に分析し、その後どのようにすすむべきかを良く考え、次のアクションを起こす・・・・とても大切な作業であります。P(プラン)→D(ドゥー)→C(チェック)→A(アクション)・・・・このサイクルを繰り返すことで業務改善が図られます。一般的にP→D迄できていても、その後やりっ放しになってしまいがちです。チェックをし更にそのチェック内容を分析しアウトプットする(それに沿って行動を起こす)・・・・ここがポイントのようです。このようなものの考え方は、業種も何も関係なく大切なことです。星山崇行

0b791396.jpg全国のエコテックUVコーティングの各施工班、日々お客様に喜んでいただけるよう一所懸命に作業にあたっているのですが、エリアによって受注件数に開きが出てしまっています。毎月切れ目なく入ってくる関東エリアに比べ、地方はなかなか同じようには行きません・・・・そんな中、仙台で大きなオプション施工が入り今日から現場がスタートします。毎回東北のオプション施工には、関東から施工チームが応援に行っているのですが、外村(写真前列左)、菅原(写真2列目右から2人目)チームが東北を盛り上げるために受け仕事ではなく人工で今回の仕事を受けてくれました。(この両チーム・・・施工処理能力が早いので、通常だと、どうしても地元チームの作業量を大幅に上まわってしまう・・)本社外谷場の投げかけに、快く二ツ返事をしてくれた両施工チーム、感謝いたします。こんな投げかけをするのも、それに応じてくれるのも我々の組織の特徴であります。寒いですが事故なく無事に全行程が終了し、皆さまに喜んでいただけることを願います。星山崇行

0c94d415.jpg数日前、久々に本でも読もうかなと本箱をながめていて、読みかけや、まとめ買いして読んでないものはないかと探していたら、こんな本見つけました。なんか表題は、とても恥ずかしい感じのもの(ストレートすぎて・・)ですが「う~ん、ホリエモンかあ・・・なつかしいなあ~」と手に取りバサバサッと読んでみました。とくに感動したようなところはないのですが、実利主義的な感じが至る所にあらわれていて「ふ~ん・・なるほど・・?」て感じでした、それでもメールの処理の仕方やその日やるべき自分の仕事を自分宛にメールで送信しておいて処理が済むまで保管しておいている等ということには、へえ~そんな活用方法もあるんだと感心したりもしました。私くらいのレベルでは、周回遅れでこのような本を読んでみるのも、いいかもね~古い情報なのでちょこっと自信を持って余裕で読めたことでこれってありだなと思いました。星山崇行

af0f4771.jpgある現場での施工前の様子です。WAXを剥離作業すると乳白色のWAX(傷隠し)の下からこのような細かな傷や打痕が出てくることがよくあります。多少のものは各施工班の努力で何とかするのですが、このように数が多いと大変ですね~傷に対しての処理は、コーティングの作業とは別物なので通常、お客様にお話しして傷補修業者を呼んで床を直したあとに我々の作業となるのですが、折角の大きなお買い物・・ハウスメーカーさんやデベロッパーさんへの不信が強くなってしまったり、何よりお引っ越しの日程がずれてお客様に負担がかかってしまっり・・・総合的に考え、各現場で出来うる限りの努力をし収まられるという判断があった場合には、多少苦労をしてでも手を入れて(補修をしながら)UVコーティングを仕上げています。まあそもそも床に傷1つない現場というのは、ほぼない現状でありますが些細なことでお客様に報告というのもキリがないという辛い現実なのです。しかしこのように、こちらが良かれと思ってしている作業も場合によっては、報告をしなかったことでお客様からお叱りを受けることもあります・・・・なかなか難しい判断ですね~しかし年間約6000件の現場をこのように納めさせていただいている中で”お客様の声”にあるように多くのお客様から高い評価をいただいているこの方法、正しいかはわかりませんが出来る限り続けていきたいと考えています。星山崇行

95665688.jpg10月30日千葉県船橋市の井村様・・エコテックのUVコーティング施工後のスナップです・・タワー系のマンション・・・眺めがとても良さそうですね~外の夜景の光と室内のダウンライトに照らされた上品なベージュの床・・・お二人の豊かなライフスタイルを演出し続けることでしょう 我々㈱エコテックの全国の施工班は、毎日数十件全国のどこかでこのような仕事をし続けているのです。 施工担当は石塚くん営業担当は、安立くんでした。星山崇行

e9a1f0cf.jpg年明けの恒例”エコテック大新年会”の段取りをする時期になってきました・・・早いものですね~前回の東西エリア分け新年会から、また基本に戻して1発開催になるようです。12月初旬には、ISO定期審査の時期でもあります。スタート時には、まったく日々の業務と結びつかなかったため大変な苦労をしましたが、ここに来て実体が伴ってきたのでずいぶんこの作業も楽になりました・・とはいっても担当の吉田なくては何もすすみませんが・・・写真は、10月24日千葉県船橋市の上月様UVコーティングお引き渡し後の写真です。営業は、この秋から営業に配置換えになった有岡くん、施工は石塚くんでした。広々としたリビングがすてきなお住まいです。星山崇行

9448dacd.jpg新人紹介です・・・右端が新人?の松本さん・・左端がちょっと前の新人?泉さんです。私と篠田さんに写真に入っていない大内さんと長尾さん吉田を加えるとエコテックじじばば7人集になります。この7人の年齢を総合計すると350をかる~く超えてしまうのです・・・・こわいですね~星山崇行

d51b1c44.jpg第74回日本オープンゴルフ選手権大会(10/15~10/18)を(-6の同スコアで石川遼、今野康晴両選手との歴史に残るプレーオフ)激闘の末破り優勝した小田龍一選手との2ショットです。今週行われている”三井住友VISA太平洋マスターズ”試合会場の太平洋クラブ・御殿場コース練習場前のギャラリースタンド裏にある各メーカーが陣取っている大きな改造バス(クラブメンテナンス等のため)の前で撮りました。小田龍一選手、とてもお酒が好きなようです・・しかしプロスポーツの選手達・・・意外にそんなに大きくはないんですね・・そりゃあウチの林よりは、ほんの少し大きいようですが・・星山崇行

699dbbc2.jpg夏まで使用していた8Fの事務所です・・・・・なんだかごちゃついていて、息苦しいオフィス環境ですね~この机の並びも、なんだか笑えます(松下、林、安立)更にその4,5年前(地下1階の時)はもっと狭かったのです。当時は各机の上には、灰皿があり机の上は、灰だらけ・・・・たまに過去を振り返ることをお勧めいたします。過去を振り返る・・といえば、エコテックグループでは、幅広い業務活動を行っている各メンバーの社内コミュニケーションを活性化するためのイントラブログ”えこブロ”をツールとして活用しています(徐々にあがってきてはいますが現時点での私的な活用点数は、55/100点くらいでしょうか・・)記事をアップする人がいてそこに皆、思い思いに書き込んでいくわけですが・・・通常、業務も忙しくてアップしたものを読んで、自分なりのコメントを書き込んで・・・終了。となると思うのですが、定期的に過去の記事を再確認することをお勧めいたします。自分が書き込んだあと、とても有益でおもしろい意見(アップしたものに対して、その返信に対して)が他のメンバー達によって書き込まれていたりするのです。この情報は、本当にもったいない情報で、これをまとめて整理したらいったいどのくらい価値のあるものになるか・・・いつも考えています(全てのことがらに対する考え方のバイブルになるだろう)このコミュニケーションツールの目的・・・・1つの失敗を公開することで同じ失敗を予防し(1つの失敗を1つで終わらせる)、1つの成功を公表することで皆が勇気とその手法、考え方を共有し(1つの成功を全体の成功につなげる)ていくことなのです。つまり・・・悪いことは1つもないのです・・・実行できるか否かなのです・・・私は結果というものは、なが~い目で見ると平等であると考えます。実行できるか出来ないかということでしょう~星山崇行 

エコテック社長ブログ
オフィシャルサイト

床のことならエコテック

ペットプローリングは

エコテック動画