月別アーカイブ: 8月 2009

5435ae42.jpg”緊張感を保つ”ということについて・・・・人は皆、安定を求めます。我々の立場で考えるとそれぞれの地位(立場)の安定、売り上げ(物流)の安定、収入の安定、いろいろありますね~安定とひとくくりにいっても、緊張感のある安定と多少気持ちや行動がゆるんでも維持できる安定とでは、行動や考え方、結果にかなりの開きが生じます。私は後者の安定は、極力簡単には与えないようにしています、なぜならば、人は弱いものと考えるからです。流れの中で当たり前のように安定して与えられ続ける中で緊張感を保ち、自分に厳しく物事に対処していくのは、とても難しいものです。昨日の選挙で民主党が大勝しました。大きく勝ったことで思い切った政策をやりやすくなりました。その際今回の選挙結果が、勝利した彼らに自分たちもしっかり仕事をしないと今回の自民党のようになってしまう・・・という緊張感を与えられたこと、これが一番良かったことと思います。長く政権党に居続けた自民党がそこで緊張感をもてなかったことが今回の敗因でしょうね・・(選挙制度を変えたことの影響がはっきり現れました)良かれと思って何をしてもほとんどの物事には陰陽があります。しかし慢心の上でなく緊張感を持った上での結論(考え方、行動)は、必ず人は評価してくれるでしょう・・・評価は自分がするものではなく、人がするものなのです。写真は、今休暇を取って家族サービス中の杉山くんと中部地区施工担当の中村さんです。中部地方は、各エリアに比べ特別苦戦しています。思えば愛知万博の頃から昨年まで各エリアよりも中部エリアは、活気がありました、その反動もあるのかななんて思っています。そうはいっても物量は確保しなければいけないので、先週、先々週に続き今週も具体的指示を出しました。全力を挙げてフォローしなければいけません。星山崇行

2da8ac52.jpg昨日アップした施工研修会(補修に特化した勉強会)と同じ年に行った別テーマ(下処理の重要性、エコテック・スタンダードの確立)の勉強会の様子です。いよいよ明日は、選挙です。私は外国籍のため残念ながら選挙権はありませんが、結果にはとても関心があります。国全体の流れが変わりそれに対してどのような政策をを施し、結果がどう変わるかということにとても興味がわきます。心配事は毎度のことで、テレビのコメンテーターといわれる方々が国益を考えての判断ではなく、TVを通して自分だけが良いかっこできる事がら(どうでもよいことも多い)に対して”やいのやいの”騒ぎ立て、本来すべき仕事の足を引っ張ることだけです。船が遭難しそうなくらい波が高く危険なときには、経験とリーダーシップを一番持っている人に全てを任せるべきで(平和ぼけのためそういった危機感がまだ無いんですね~)その船長の素行がどうの、言い方が不適切・・・なんてことは、きっといわないと思うのです・・・どうなるのでしょう。星山崇行

8bcded6e.jpg昨年の施工研修会の様子です。我々の業務の中でもとも優先すべきことは、総合施工品質の安定をもとに更なる継続的改善であると考えております。例年この時期(通常の閑散期)エリアごとにまとまったメンバーを集めこのようなカタチでの勉強会を行い、施工品質の安定、新たな技術の確立、新しい床材への対応方法などをカリキュラムにそって勉強します。今年は、閑散期においてもかなりの物量があったため、関東エリアだけでも3回に分けての研修会となりました。全国各地でこのような勉強会を定期的に行うことで知らず知らずのうちに知識や技術の引き出しの量は増えているのです・・・・ただし、何よりも大切なこと・・・それは、お客様に十分満足していただき喜んでいただきたいという”気持ち”なのです。星山崇行

edcb98a1.jpg前回の続き・・・・同じ入居済みのUVコーティングの施工といっても15年経過した床材は、このような状態になっちゃいます。それでもできればリメイクして使いたい・・・そのようなお客様のお気持ちも理解いたします。ですから我々はその仕上がりに責任を持てないもの以外は、手間がかかって面倒な床の状態でもお客様のお気持ちを考え、また自分たちの技術力の向上のためチャレンジしてお受けするようにしています。近年の床材は、10年15年前の床材より耐久性能は、劣るようです・・・ここ数年お引っ越しをされた多くのお客様が”床に対するSOS”の依頼を我々にいただく前に新しい床材の新たな対処法を研究せねばなりませんね~星山崇行

65eb55b1.jpg2009年8月14日葛飾区西亀有の西野様、ご入居後1年でのUVコーティング施工ご検討時の現地調査の様子です(入居済の物件については、原則全て、より精度の高い仕事をさせていただくための現地調査を行います)新築購入後1年くらいのお宅は、荷物もさほど多くなく床のダメージもほどほどのためスムーズに作業にかかれることが多いのですが(しかし万が一を考えての現地調査は、必要です)これが5年10年経過してくるとそうはいきません、床材や家族構成、普段の使い方などによってその状態は全く異なります。その際の現地調査には、施工の可否を含めた慎重な対応が必要となります。築年数の浅いお客様は、実際住まわれてみて床のケアについての必要性を感じた、お引っ越しの時にはバタバタしていてそこまで神経がまわらなかった等の理由の方が多いのですが、築年数の経った方の理由は、その床材に思い入れがある等の理由が多いようです。次回は、築15年経過したお客様の床の状態をアップいたします。同じ入居済み施工といってもその難易度の違いが理解できるでしょう~星山崇行

ba723d86.JPG7,8階共に生まれ変わるための改装打ち合わせもほぼ終え、あとは電話回線(電話40台・・・ふえ~!!)などからスタートして7階新フロアのエレベーターホール改装、絨毯張り、エコプロコートモデルルーム作り込みを終え新什器運び込みまでのスケジュールを8日までに終わらせる予定です。そのあと3日間で荷物移動を終えると(8階用荷物は、一時9階へ逃がす)8階の取り壊しになります。20日過ぎには、全ての工事が終了する予定です・・かなりタイトなスケジュールになりましたが、がんばるしかないですね~荷物の整理と移動する荷物をきれいにするのが大変そうです。この頃施工班から送られてくる写真、光の調整がうまくいかず暗~い写真が多くてとても残念です。お客様にも参加していただいて笑顔で撮ったのに・・・・せっかくの作業ですほんの少し気をつかって有効に活用できるようにしたいですね~星山崇行

a028f837.jpg㈱エコテック重鎮の一人篠田さん(篠さん)です。数年前ある展示会で山嶋と親しくなり、彼の紹介で一緒に仕事をしていただくことになりました。篠さんが入社する前までは、エコテックのUVコーティングサンプルは全て杉山一人で作製していました(小さな面積をきれいに仕上げるのは、とても難しいのです・・)その杉山がこの頃「もう全然比べものにならないくらいのレベルになっちゃいました、篠さんのレベルでサンプルを仕上げられる人はいないでしょう」と言っていました・・・・うれしい話です。”極め””匠”なんて文字が浮かんできますね・・・この篠さん、我が社で1番サンプル作りが上手いということは、多分”日本一のUVコーティングサンプル作りの名手”であるでしょう・・・・ということは、”世界一のUVコーティングサンプル作りの名手”でもあるのです。(少なくとも世界一UVコーティングの床材サンプルを作っていることには違いないでしょう)たった数年で世界を制してしまった(笑)篠田さんでした。星山崇行

672cc57c.jpg㈱エコテック本社の増床工事のスケジュールが決まってきました。9月の9,10,11の3日間で事務スペースの引っ越し(8Fから7Fへ)を行い、その後8Fを取り壊し、研究開発のためのラボや会議室、物流スペースを造っていきます。遅くても月内には、7,8階共に生まれ変わったスペースになる予定です・・・あらためて社内を見渡すと、ものが多いですね~年に2回まとめて不要品や粗大ゴミを出すのですが、それでもどんどんたまっちゃいます。今回の廃棄量は、大変な量になるでしょう~写真は、8月8日UVコーティング施工の広島県広島市の杉山様とお子様、施工担当の高坂くんです。小柄な奥様ですがお子さんをひょいと持ち上げて・・・女性はたくましいですね~星山崇行

f7e8ff0a.JPG8月9日愛知県名古屋市の松場様、UVコーティングお引き渡し後の様子です。施工後、家具やカーテンなどをそろえていくとお部屋全体の質感がものすごく上がります。新築お引っ越し後、お友達などをお招きしたとき、必ずピカピカの床は、褒められちゃいます。施工は、中村チーム、営業は松下でした。この夏㈱エコテック・関西日吉チームが幼稚園の施工を数件こなしています。削りだし等をしたりなかなか大変な作業ですが、施工終了後には、皆さまからとても喜んでいただけました。今後住宅以外へのUVコーティング(今までほとんど手をつけられなかった)の割合も増えてくるでしょう~今回の日吉さん施工の現場の写真も、近い内にアップいたします・・・お楽しみに。星山崇行

c57da606.jpgあっという間にお盆があけました。また、年末、年明けの繁忙期に向けてのリセットが始まりました・・・ホント、時間経過がとても早く感じられます。㈱エコテックは前期(2008.8~2009.7末まで)、目標値(かなりきつめでした)には及びませんでしたが前年比+18%売り上げがアップしました。昨年末からの外部環境の厳しさを考えると、まあまあだったのではなかったでしょうか・・・今の社内の様子を見ると、今期は更なる上昇率を期待できます・・・施工処理能力を考え計画的な予算設定が大切になります。写真は、7月31日埼玉県春日部市の斉藤様のご新居、エコテックUVコーティング施工後の様子です。お二人の様子からも施工をした㈱エコテック・関東の鈴木チームの仕上がりは想像できますね~・・・お母様とお嬢様でしょうか?お母様とお嫁さんでしょうか?とても仲の良い感じが表われている写真でした。星山崇行

エコテック社長ブログ
オフィシャルサイト

床のことならエコテック

ペットプローリングは

エコテック動画