月別アーカイブ: 9月 2008

c75aefb4.JPG10月末、軽井沢72にて富士住建さんの親睦会ゴルフコンペがあります。あまり恥をかきたくないので、ここのところ自宅近くの東急あざみ野剣山ゴルフ練習場で朝練を行なっています。いつものように出入り口の正面でしばらく打ちっぱなしていると「おはようございま~す」と爽やかなあいさつ(天気は雨でしたが・・)振り返ってみるとゴルフレンジの自動販売機に飲み物を補充に来た青年でした。目的の自動販売機まで10数m必死で練習をしているおじさんたちに何度か同じようにあいさつして物を運んでいました。私は、彼がうちの仕事をしたならきっとすぐにまわりから評価されるレベルになるだろうと・・瞬間的に思いました。それくらいとても自然な動作で”無理やりやらされてる感が全くなかったのです。あいさつ1つあのように出来る人物が、おかしな仕事をするはずがない~しばらく彼の動作を見つめ、どうしようかな~声かけてみるかな~そんなことを考えていました。(今回は声かけませんでした)
”最初の一瞬のイメージ”による人の仕事に対する印象をあらためて感じさせてもらった朝でした。㈱エコテックの品質管理部門でも今、施工以外の”仕事をする人としてのイメージ”をとても大切にしています。同じ作業でもやはりきちっとした良い感じの人にやって欲しいものですね~これも大切なお客様満足度につながるのです。帰り際キリンビバレッジという会社の印象がより良くなったのは、(たった一人のスタッフによって)言うまでもありません。星山崇行

2be38425.JPG今月は、研修等があって(ネタ豊富だった為)かなりブログの書き込みが多くなりました。写真は、9月21日UVコーティング施工の横浜市の榊原様のご主人様です。入居済みの物件で規定年数を超えていましたが、施工をし終えてみると大変きれいに仕上がり、お客様にもとても満足していただけました。かなりの年月床でご苦労されたご様子でした。施工は、㈱エコテック関東の鈴木チームでした。仕事は、人が出来ないこと(やりたがらないこと)、気のつかないことをするところに”値打ち”があります。当然苦労はつき物なのですが・・・やり続けていくことで、必ずその努力は報われる・・・と私は考えます。星山崇行

6fc83730.jpg9月22日大阪府茨木市の長様のUVコーティング施工後の様子です。昨年に比べて関西方面でのUVコーティング施工件数もぐんぐん増えてきています。繁忙期は当然忙しいのですが、閑散期といわれるこの時期もコンスタントに施工が入ってきています。施工品質、施工管理、営業戦略などなど数年前から打ってきた石が効いてきました。何度も言いますがこの仕事は、(エコテックビジネスモデル)施工班と物量のバランスコントロールがとても難しいのです。この少ない施工チームで全国をカバーしているのですから・・星山崇行

f1907c84.jpg8月23日大阪府吹田市の木川様のご家族のUVコーティング施工後の写真です。この夏関東から兵庫へ拠点移動をしたばかりの菅原チーム奥村くんも満足そうに写っていますね~この奥村くん9月20日から月末にかけて関東において施工班の数が間に合わなくなった為、急遽上京してもらっています。現在は、こちらで毎日現場をこなしています。少ない施工班で広い範囲のお客様に対応していく為には、このように動きの軽い施工チームがいないと施工班を多めに抱えるしかないということを理解してくれているのでしょう~ホント助かりました。㈱Kスタイルの菅原くんの関東関西2チーム体制は、予想以上に非常にうまく機能しました・・これも彼の才覚でしょう。星山崇行

c5c21125.jpg非常事態のリーダーは、多少強引でも強いリーダーシップを発揮させる人物が良いと思います。今の日本の政治、経済は、まさに非常事態と言えるでしょう・・・問題はマスコミを含めたまわりの対応です。どんな優れたリーダーでも360度どの角度から見ても完璧な政策なんてものはありっこないのです。それを”ああいえばこういう”方式で大局を見ずに細かな批判だけを無責任に繰り返している(自分ひとりいいかっこして正義感ずらしている)輩・・これが諸悪の根源であります。誰がトップに立っても彼らは、行動や言動の裏をとることばかり考え足を引っ張っていくのでしょう・・・それが国益を損なうことでもお構い無しに・・・もしも小沢一郎が内閣総理大臣になったら、最初の所信表明の原稿書かせてくれないかなあ~なんて本気で思っています。要するに全責任取るから数年間黙って信じて応援してくれるような(そうせざるをえないような)話をすればよいのです。(今回の選挙で民主党が過半数を取り、政権交代が行なわれた最初が肝心で、ここしか日本が立ち直るチャンスはないと思っています。)先ずは、この国がどれだけ病んでいるのかを数字を持って国民に訴え、非常事態である認識をさせるのです。(民主が政権を取ったと同時にもう自民党との党利党略のための駆け引きを一切しないと明言し、協力してこの国の為に働く、そのためには、自民党の意見であってもじゃんじゃん取り入れるというメッセージを先に送ることで政党間での揚げ足合戦をしにくくする・・当然彼らの良かった点もそこで認めてしまう・・まあこれが出来ないんだよな、普通)当然すべての人が皆同時に満足する政策は不可能であるとも訴えるのです。不利な立場の人々からの攻撃の可能性も訴え、”このリーダーの足を引っ張る者は、悪いやつ”と世間が思うようなスピーチ・・う~んでもまだ平和ボケしている国民は、テポドンでも飛んでこないとわからないのかな~チョッと真剣に内容を考えてみようと思います。写真は、傷補修研修の様子です。

459f5418.JPG久しぶりに新規の施工班が誕生します。ずっと空き家だった静岡エリアの方です。禅洲様(さとすさんと読みます)この方は、㈱エコテック・関西の日吉さんの紹介でした・・・エリア的に名古屋にも関東にも遠征できるところなので物量第一で考え日吉さんの顔をつぶさないようにしたいと思います。関東の五十嵐くんが先日広島志願をしてきました。㈱エコテック・中国設立に魅力を感じているようです。しかし現在,まだこのエリア単独での計算がたつ物量ではない為、(岡山との関係を含め)慎重に検討していくつもりです。(決定はしませんでした)皆それぞれ動きが活発になってきました。ここまで新規の施工代理店希望者を無理に入れなくて良かったと今感じております。写真は、㈱エコテック・関西の日吉さんと関西の施工チームです。大阪労災ビルの現場でのひとコマでした。星山崇行

daa79355.JPG9月12日施工の横浜市の吉本様のかわいいお嬢様のスナップです。赤のソファーがエコテックのUVコーティングをしたベージュの床によく映えていますね・・・施工担当は、㈱エコテック・関東の鈴木さんでした。この鈴木さん、先日の私のブログを受けて、秋からもう一班・・と名乗りを上げてくれました。池端チームに一時修行にだしている兼平くんがしっかりしてきたようであります。この兼平君・・研修などで見る表情がどんどん変わってきていて、真剣な様子が印象的でした。本人の気合がじゅうぶん伝わってきていたので、きっと現場での仕事振りも大きく変わったのでしょう。星山崇行

1855b59b.jpg㈱エコテックは、施工班の数を無責任に増やすことなく慎重に増やし続け、現在に至っています。売り上げに対する施工班の数は、とても少ないと思います。それは、せっかく厳しい施工研修を積んだスペシャリストたちが年間を通じて仕事に困ることのないようにという考えからです。それは、仕事に不安があれば、安心してお客様のための施工が出来ないという考えのもとの判断でした。しかしここに来てこのままでは、発注していただいたお客様にも施工をお受けできなく迷惑がかかるという不安が出てきました(うれしいことなのですが・・)ここのところ既存の施工班に何社か声をかけさせていただいております。どこも問題は”人”のようです。皆この責任ある仕事をこなすにはよほどの責任感のあるものでないと研修にすら出せないと考えているからです。(だから私は、新規よりも既存のチームが施工班を増やしてくれるのを望みます)施工班は不足していても、適当に施工チームを増やすわけにはいきません。準備に動き出しているところは、予定でも良いのでその”枠”を確保しておけるよう、連絡をお願いいたします。空いた分を新規希望者に・・と考えていますから。営業の状況は、各営業担当に問い合わせると”生の声”が聞けます。ヨロシク星山崇行

26d9e422.JPG先月第1期工事、今月第2期工事、トータルで2000平米以上の京急デパートの施工現場です。先月の第1期工事は、クライアント様の評価も高く、毎日の深夜の作業を杉山、五十嵐が中心となってまとめ上げてくれました。(現在第2期工事中です)大変なのは、毎日このように養生をしながらの作業で、天井が高い為苦労をいたしました。(当然営業に差し支えないよう翌朝には元に戻さなければなりません)今後はこのような商業スペースでの施工も増えそうであります。今社内は、ピリピリムードです。この時期繁忙期でもないはずなのに、仕事量に対して施工チームが少ないからです。月末はSOLDOUTだらけで、それでも入ってきてしまう仕事を調整できず、外谷場の眉毛が逆立っています(笑)今回は、仕方なく兵庫のチームを1週間関東に呼び寄せての緊急シフトをしきました・・・10月、11月までにあと4,5班つくらないと厳しい感じです。しかし住宅環境がとてもよくないこの時期にこれだけの仕事がいただけることに感謝して頑張っていきましょう~星山崇行

e4945409.jpg”少欲足るを知る”どこかの掛け軸で見て忘れずにいる言葉です。私の中でこの言葉は、物質のことについてよりも人の心にあてはめます。人は、自分と同じではありません。しかしついつい俺がこんなに心配してるのにとか、俺がこんなことまでしてるのになどと相手の考え方や行動に「なんでなんだよう~」と”欲を張って”しまいがちです。これは、夫婦間や友人同士、仕事上においても同じです。”まあこんなものかな”とか”でもまあ○○ところは、いいとこだからね”などと考えることで、我慢というか・・自分自身がイライラしなくなります。”心”に対しては、ほどほど適当にということでしょうか?この言葉を、自分ではそのように勝手に解釈し、カドを丸くする努力をしています。(でも難しいです)写真は、施工研修2日目参加の施工班です。星山崇行

エコテック社長ブログ
オフィシャルサイト

床のことならエコテック

ペットプローリングは

エコテック動画